どれくらいの人が持っているの?

Home / ETCカードの豆知識 / どれくらいの人が持っているの?

高速道路でETCカードを使うと通行料金が割引になるということが一時期テレビなどで報道され、一気に申し込み者が増えたことがありました。

今ではかなりの人がETCカードを持っていてETCを利用していると考えられます。

ある統計では、高速道路ETC利用率は87%を超えているということです。

高速道路を利用する人のほとんどがETCカードを持っているということになりますね。

ETCカードを持つのは流行かと思われていましたが、今ではすっかり定番になったと言えるでしょう。

ETCカードを作るのも、手続きが面倒だったら作る人は少ないでしょうが、クレジットカードを持っていたらETCカード追加発行を依頼するだけで発行してもらえますし、新規にクレジットカードを申し込んだらETCカードも発行してくださいと頼めば発行してもらえるのです。

簡単に発行してもらえるのも、ETCカードが普及した理由の一つと言えるでしょう。

また、最近では年会費などの費用が必要無いカードも増えてきており、無料なら作ってみようかという人も増えてきたようです。

このようなことから、これからももっとETCカードを持つ人は増えてくるように思われます。

簡単に発行してもらえるものですが、審査はどの会社もきちんとしていますので、審査の結果発行されない場合もあります。

これは納得した上で申し込むようにしてください。

高速道路でスマートに精算できるETCカードは、便利でお得ですからまだ持っていない人は検討してみてください。

▼関連ページ・・ETC利用状況の推移