ETCカードの有用性

Home / ETCカードが良い理由 / ETCカードの有用性

ETCカードがなかった時代は高速道路の料金所には常に人が配備されており、しかも支払いの都度時間がかかり、その時点で渋滞が出来てしまう事は珍しくありませんでした。

また支払いに時間がかかってしまう人がいるケースもあり、運転中のストレスを高めてしまう要因の1つともなっていました。

そういった行為の対策としてETCカードは生まれました。

ETCカードは当初こそETCバーが開かないのではないか、機器の設置に費用と時間がかかる、などといった不満がありましたが、各種割引制度の実現により急速に普及が進んできました。

ETCマイレージも出来、毎月の使用回数に応じて料金が割安になるようにもなり、高速道路を常に使う人にとっては費用をかなり削減出来るようになりました。

またETCカードの普及は高速道路が一定期間1000円で乗り放題の仕様期間が出来た事で、そのメリットを活かそうと人気は急上昇しました。

当時は旅行会社なども高速道路を活用したプランを作成しており、地方にも多くのお客が行くようになりました。

また支払いの簡易さについてもETCカードを差し込んでおけば、速度を落とす必要はありますが円滑に進んでいく事が出来るようになりました。

高速道路の料金所で毎回渋滞が起きていた時代と比較すると、ドライバーのストレスもあなり現象しています。

現在ではETC機能を常備している車も多いですし、通常装備としての認識になってきています。

まだ通常の料金所も多いですが、半分以上がETCレーンとなってきています。