ETCカードは割引が便利

平日の朝6時から9時まで、夕方は17時から20時まで丁度通勤時間帯に当たる時間ですが、割引可能になっています。 ただしこういった割引制度はETCマイレージサービスに登録する必要があり、登録者限定のサービスとなっています。 ETCマイレージサービスは飛行機の運賃で溜まるマイレージと同様に利用回数に応じて無料通行分として還元もされます。 ETCカードを十分活用する為には必須の登録制度ですので、必ず登録は済ませておきましょう。 深夜割引は0時から4時まで30%割引、休日割引は土曜日、日曜日、祝日30%割引といった制度です。 これらの制度は軽自動車、普通自動車、二輪車限定のシステムですが、有料道路を使う上では大幅な節約になっており人気になっています。 一時期ETCカード普及の為に高速道路1000円という事を行っていた時代もあり、ETCカードは割引制度をメインに普及が進んできています。 ETCカードの有無で高速道路の利便性はかなり違ってもきますので、クレジットカードを作成時にETCカードとしての機能も付与していいかもしれません。 ただ東京や大阪近郊の区間に関しては適応外の場所もありますので注意しておきましょう。 毎月の利用回数が10回以上であれば50%の還元になりますので、常に通勤で使用している人には必須ともなっています。 最近の車にはETC機能は付与されていますし、機器を購入して付与する場合でも安価になっていますので、メリットは非常に大きいと言って良いでしょう。
Read More

ETCカードをセットするには

ETCカードを発行してもらっても車にセットを行わなければ、ETCカードを使用することはできません。 ETCカードを利用するには、ETC車載器が必要となってきます。 そして、これを取り付けする際には、車の情報を内部に書き込みを行わなくてはなりません。 この作業はETCのセットアップと呼ばれているものとなっております。 そしてはこれは、ETCカードの中身の情報を暗号のようにして、組み込みをするものとなります。 これは、ETCカードからどの車がETCを利用したのかわかるようになり、それぞれのETCカードの持ち主に対して、正しい料金を精算するために必要なものとなっています。 ETC車載器には、情報の書き込みを行いますが、個人を特定するようなものは書き込みを行わないものとなっております。 何故この情報の書き込みが必要なのかと言いますと、ETCを不正に使ってしまうことがないようにするためになります。 ETCカードも悪用など、不正に使用するなど、色々と心配なことも出てきますよね。 こういった心配をしなくてもよいよう、安心して使用できるようになっており、セキュリティも高い暗号の技術を使用しているようですよ。 また、ETC車載器を取り換えした時には、また同じようにセットアップを行わなくてはなりません。 新しいETC車載器にした時には、セットアップを忘れずに行ってもらうようにしましょう。 またセットアップは専門のお店で行いましょう。
Read More

どれくらいの人が持っているの?

高速道路でETCカードを使うと通行料金が割引になるということが一時期テレビなどで報道され、一気に申し込み者が増えたことがありました。 今ではかなりの人がETCカードを持っていてETCを利用していると考えられます。 ある統計では、高速道路ETC利用率は87%を超えているということです。 高速道路を利用する人のほとんどがETCカードを持っているということになりますね。 ETCカードを持つのは流行かと思われていましたが、今ではすっかり定番になったと言えるでしょう。 ETCカードを作るのも、手続きが面倒だったら作る人は少ないでしょうが、クレジットカードを持っていたらETCカード追加発行を依頼するだけで発行してもらえますし、新規にクレジットカードを申し込んだらETCカードも発行してくださいと頼めば発行してもらえるのです。 簡単に発行してもらえるのも、ETCカードが普及した理由の一つと言えるでしょう。 また、最近では年会費などの費用が必要無いカードも増えてきており、無料なら作ってみようかという人も増えてきたようです。 このようなことから、これからももっとETCカードを持つ人は増えてくるように思われます。 簡単に発行してもらえるものですが、審査はどの会社もきちんとしていますので、審査の結果発行されない場合もあります。 これは納得した上で申し込むようにしてください。 高速道路でスマートに精算できるETCカードは、便利でお得ですからまだ持っていない人は検討してみてください。 ▼関連ページ・・ETC利用状況の推移
Read More